アスベスト対策とは

アスベスト 石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。
その繊維が極めて細いため、研磨機、切断機などの施設での使用や飛散しやすい吹付け石綿などの除去等において所要の措置を行わないと石綿が飛散して人が吸入してしまうおそれがあります。
以前はビル等の建築工事において、保温断熱の目的で石綿を吹き付ける作業が行われていましたが、昭和50年に原則禁止されました。
その後も、スレート材、ブレーキライニングやブレーキパッド、防音材、断熱材、保温材などで使用されましたが、現在では、原則として製造等が禁止されています。
石綿は、そこにあること自体が直ちに問題なのではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題となるため、労働安全衛生法や大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などで予防や 飛散防止等が図られています。
当社では石綿の分析調査に基づいてベストなアスベスト対策をプランニング致します。
レベル1・レベル2・レベル3の石綿作業区分、建材の石綿含有量、建物の構造、環境状況に応じた石綿処理をどう行うかの対策をした後、最適な石綿の除去プログラムの選定に入ります。
単にどのように石綿処理をするかだけではなく、お客様のご予算、現在の状況、建物構造・今後の使用方法など全て加味した上で当社が対策を練っていきますのでお客様も安心してご依頼頂けます。
住宅・店舗から大規模なビルやマンションの解体工事・改築・改修・改装時のアスベスト除去工事や、飛散防止対策など、全て当社が一貫して対応致します。
まずはお気軽にご相談下さい。

contact